私設年金のために投資をはじめよう|老後は安定した生活を楽しむ

背広の男性

個人向け投資の特徴

現金と通帳

個人の投資家でないと購入することができなのが国債です。国債には10年変動金利や3年、5年固定金利などの3つの種類があります。
国債は途中で解約することもできるのでうまく資産運用ができてないと感じたらすぐに辞めることも可能です。

個人向けの国債の特徴として変動10年の物は金利が半年ごとに動きます。また、購入して1年後以降はいつ解約しても大丈夫です。ただ、解約するときは過去1年分の金利が引き抜かれてしまうので注意しましょう。
また変動10年では、将来、金利が上昇した際に利益も上がるのでインフレ対策として有効な国債となっています。
次に固定5年では、固定金利になっており、5年間継続して金利が一緒です。また固定3年も同じ特徴になっています。
またこれらの固定金利でも同じように1年以上経ったあとならいつでも解約を行なうことができます。そして解約するときは1年分の金利が引き抜かれるので気をつけましょう。
この国債は1万円から投資が行なえるようになっており、少額からスタートすることができます。通常の国債は5万円以上からになっていますが、個人向けの国債になるので1万円というお手頃価格で始められます。
個人向けの国債の最大のメリットとして変動金利が活用できるということです。
変動金利は将来的に上昇する可能性に備えることができます。今、日本では景気をよくするためにいろいろな経済施策を行なっており、金利が上昇する可能性が高くあります。そういったことも含めて話題な投資なのです。